トップページ 診療予約
トップページ ごあいさつ 診療のご案内 生活習慣病を知ろう 施設のご案内 フィットネス施設 所在地 診療予約
豆知識 甲状腺疾患とは 生活習慣病を知ろう
 

生活習慣病とは、日常の生活習慣によって引き起こされる病気の総称です。
主なものに、糖尿病、高脂血症などの脂質異常症、高血圧症、肥満症などがあります。

運動不足、食生活の乱れ、過労、ストレスなどにより発症し、進行すると生命にかかわる重篤な合併症を引き起こします。
初期の段階では自覚症状に乏しいため、健診や人間ドックで、血圧、コレステロール値、血糖値、HbA1C(ヘモグロビン・エーワンシー)値の異常を指摘されたが、気になる症状がないから・・・と受診を先延ばしにしている場合もあります。

また自覚症状がないために、健康診断を受けて異常を指摘されなければ、気づくことが難しい疾患でもあります。

地域や職場の健康診断を積極的に活用し、異常を指摘されたら速やかに専門医療機関を受診し、病気の進行をコントロールして生命を脅かす合併症を防ぐことが大切です。

「生活習慣病予備軍と言われた・・・でも、元気だから・・・!?」

血圧、血糖値、血中脂質値の異常を指摘された方は、一日も早く医療機関を受診して、健康への一歩を踏み出してください
 

糖尿病は、体内ホルモンである「インスリン」の働きが鈍くなることにより、血液中のブドウ糖の量が慢性的に多い状態が続いてしまう疾患です。

インスリンは、すい臓から分泌され、血糖値(血液中のブドウ糖の量)を一定に保ち、エネルギー源としてブドウ糖を筋肉に取り入れる役割を果たします。
しかし、

  • インスリンがすい臓から分泌されない
  • インスリンの量が不足している
  • インスリンが過剰に分泌されるのに、十分作用しない

などの原因で、血液中のブドウ糖が筋肉に十分取り入れられないようになると、血液中のブドウ糖の量が多い状態が続きます。 この状態を高血糖状態と呼びます。

このような高血糖状態を放置すると、糖尿病網膜症、糖尿病腎症、血管の動脈硬化などが引き起こされ、失明したり、腎不全により人工透析が必要になったり、組織が壊死して脚を切断しなくてはならなくなるなど、重い合併症が現れることになります。

また最近では、癌や認知症の罹患率が高くなることも指摘されています。

糖尿病は体質や生活習慣、年齢によって、誰にでも起こりうる疾患です。少し血糖値が高いだけだと軽く考えることなく、また必要以上に合併症を恐れることなく、病気を正しく理解して治療に取り組むことが大切です。

 

※ 40歳以上の日本人の3人に1人は、糖尿病または糖尿病予備群であることが明らかになっています。       
(厚生労働省「平成19年国民健康・栄養調査」より)
 

※「T型糖尿病」は生活習慣病ではありません。

原因はよく判っていませんが、小児から成人まで年代・性別を問わず発症する疾患です。
 

脂質異常症とは、血液中の脂質、特に悪玉コレステロール(LDLコレステロール)と中性脂肪(トリグリセライド)が増えている状態です。また善玉コレステロール(HDLコレステロール)が低い状態も含まれます。この状態では、全く自覚症状がありません。

しかし、胸や脚の痛み、物を落とすなど自覚症状が出た時には、すでに心臓や下肢、脳の動脈硬化が進んでいるため、狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患、下肢の閉塞性動脈硬化症や脳梗塞などの動脈硬化に起因する重篤な合併症を発症します。そのため、脂質異常症はサイレントキラー(沈黙の殺人者)と呼ばれています。

検査などで脂質異常症を指摘された場合は、服薬治療を開始するとともに、食事療法・運動療法を通して生活習慣の改善を図り、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を減らし、善玉コレステロール(HDLコレステロール)を増やすように努めることで、生命を脅かす動脈硬化を予防できます。

※近年、HDLコレステロール値の測定が可能になり、高脂血症(高LDLコレステロール血症・高中性脂肪血症)だけでなく、善玉コレステロール値が低い(低HDLコレステロール血症)も動脈硬化を促進することが明らかになりました。現在では、これらを総称して脂質異常症と呼びます。

 

血圧とは、血管壁にかかる圧力のことです。高血圧症は、動脈に常に高い圧力がかかり続けている状態を指します。

血管の壁は本来弾力がありますが、高血圧状態が続いて張りつめた状態におかれた血管の壁は、徐々に肥厚していきます。血管壁が厚く硬くなっている状態を動脈硬化と呼びます。

高血圧による動脈硬化は大動脈にも細小動脈にも起こり、脳出血、脳梗塞、心筋梗塞、大動脈瘤、腎硬化症など生命に関わる疾患や、失明につながる眼底出血を引き起こします。

高血圧症もサイレントキラー(沈黙の殺人者)と呼ばれ、気づかないうちに生命を脅かします。日頃から、塩分摂取を控えた食生活と適度な運動を心がけ、高血圧症の予防を心掛けることが大切です。

 

すでに血圧が高いと指摘された方も、服薬治療や、食事・運動など生活習慣の改善を通して、血圧を正常に保ち、合併症を防ぐことができます。


 

肥満症は、体脂肪が過剰に蓄積された状態です。
ボディビルダーや重量挙げの選手は筋肉で体重が増えているため、体重が多くても肥満症ではありません。しかし、体重が多くなくても体脂肪が多い場合は肥満症といえます。

メタボリック症候群では
腹囲が  男性・・・85p以上   
女性・・・90p以上  が肥満症の目安となっています。
*腹囲はへその高さで測ります。               

肥満は万病の元といわれ、さまざまな疾患を引き起こします。体脂肪率を常に確認し、食事や運動に気を付けて、肥満症にならないよう心がけることが大切です。
 
生活習慣病とは
糖尿病
糖尿病
高血圧
肥満
豆知識 甲状腺疾患とは
豆知識 甲状腺疾患とは
生活習慣病を知ろう
フィットネス施設
糖尿病・甲状腺疾患のための食事療法